高木保育園では食育を大切にしています

高木保育園の給食は、ほぼ100%、毎日、国産・愛媛県産の食材を使用しています。
幼児期の食事は、子どもたちの元気な体を作る大切な役割を持っています。
だからこそ、少しでも安心な給食を食べてもらいたいと思います。

7月の食育メニュー
野菜たっぷり ベジ☆ランチ 愛媛産で作った 「トウモロコシたっぷりごはんと人参つくね 季節野菜のミネストローネスープ」
枝豆と同じくトウモロコシも鮮度が落ちるのが早い野菜。
収穫したらその日のうちに沸騰した湯で4分茹でて熱いままラップで包み冷ましてから冷蔵庫へ。3日間は持ちます。それ以外は冷凍庫で保存1ヵ月は保存できます。甘さは鮮度と比例するので、1日過ぎただけでも、甘さが抜けてしまいます。買ったらその日に調理、これがトウモロコシを美味しく食べる技です。
今回は茹でたトウモロコシをバターと醤油で炒めてご飯に混ぜました。夏の甘さが口いっぱいに広がります。 サラダは夏野菜のオクラの胡麻和え。
味覚は8歳までにできると言われているので、色んな味を色んな素材で食べさせてあげたいですね。
人参入りのつくねはβカロテンたっぷりの健康レシピ。今回はスープで野菜を軟らかく煮てたっぷり取ります。

じゃがいも堀り
6月7日(金)
2月に植えた「じゃがいも」を収穫する日がきました。
「よいしょっ~!」と子どもたちも元気よく葉っぱを引き抜くと、 根っこにはたくさんのじゃがいもが育っていました。
そしてまだまだ土の中にもありますので、一生懸命掘り起こしました。
メークイン、男爵、赤いじゃがいも・・・
今日のおやつは、新じゃがで作った「こふきいも」でした。
一人ひとり持って帰ったじゃがいもは、お母さんにどんな料理に してもらおうかな?大好きな一品で家族仲良く分けてください。
本当に楽しかったですね。

▲ページTOPへ

季節の旬野菜は、採れたてを地元農家から産地直送!
子どもたちが育てた野菜も自分たちで収穫し、給食室へ直送!
毎日子どもたちが楽しみしている「給食」だから・・・
私たちはその品質を「安心」として、子どもたちに提供していきます。
今年度の食育推進活動
・野菜ソムリエ やのくにこ先生 考案
「野菜たっぷり ベジ☆ランチ」
毎月19日は全国的に「食育の日」です。
高木保育園ではお誕生会に合わせて「食育の日」としています。野菜ソムリエやのくにこ先生が、子どもたちに元気になってもらおうと考案した、季節の旬野菜たっぷりの給食レシピ「ベジ☆ランチ」が好評です!旬野菜は栄養価が高く、おいしさも◎二重丸!
みんなたくさん食べてね!

▲ページTOPへ

南海放送 食育応援団