通常保育・延長保育・土曜保育・一時預かり事業の
ご利用上の注意をご案内いたします。

病気のときは

当園の方針として、お子さまの発熱が38度以上ある場合には、まず一番に保護者にお知らせすることとしています。また発熱はなくても、下痢や嘔吐がみられたり、顔色がわるい、いつもと違って元気がない、ぐったりしている等の症状の場合でもご連絡致します。

 

なお、緊急時には保護者の承諾を得て保育園から嘱託医へ直接受診できるような体制を整えています。個別にかかりつけの医師がいる場合はあらかじめお知らせ下さい。


  • 保護者の都合でお迎えが困難な場合には応急処置をして保健室で安静を保ちます。
    ただし、伝染病の可能性がある時には、お迎えにきて頂き病院で受診してもらう場合があります。容態に変化があればその都度ご連絡致します。
  • ご家庭から病院の薬を持参する場合は、与薬依頼申請書を提出して下さい。(病気ごとに1枚)
    飲み薬(粉・顆粒・錠剤・シロップ等)は必要分だけ保育園へ持ってくるようにお願いします。なお薬には園児名を 記入し薬の説明書と一緒に薬袋に入れて下さい。薬を飲みましたら担任より確認印を押します。
    ※与薬依頼申請書の提出がない場合、薬に関して対応できない場合があります。
    ※申請用紙等は事務所にあります。
  • 当園では医師の指示のもとで与薬を行うよう定められているため、かぜ薬等市販薬は保育園での服用をお断りしております。

▲ページTOPへ

伝染病にかかったとき

  • 病院で伝染病予防法にある法定伝染病と診断された場合は医師の許可があるまで登園することができません。その他、学校保健法により登園を停止されている病気等を次項の表に示しております。参考にして頂き登園の目安にして下さい。なお登園するには治癒証明書が必要です。
  • 治癒証明書は病院の指示を保護者が記入して下さい。(病院の診断書ではありません)
    ※証明書は事務所にあります。
  • 伝染力の強い病気は休園させて他の園児への感染を防ぐとともに、ご家庭での休養と回復に努めて下さい。
  • 病気の回復期に保育が必要な場合には、乳幼児健康支援一時預かり事業(病児保育)を参考にして下さい。(石丸小児科・芳村小児科)
  • 保育園で流行している病気がある場合は掲示板にてお知らせします。

病児保育

石丸小児科

松山市三番町6-5-1

921-2918 

病児保育

芳村小児科科

松山市保免西1-2-1

971-0800 

嘱託医(歯科)

木原歯科医院

松山市山越5-16-10

925-0180 

託医(外科内科)

岡本外科胃腸科

松山市高木町255-1

978-2282 

▲ページTOPへ

登園してはいけない病気

インフルエンザ

解熱して医師の登園許可がでるまで

百日ぜき

特有のせきが消え医師の登園許可がでるまで

麻疹(はしか)

解熱して医師の登園許可がでるまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺のはれが消え医師の登園許可がでるまで

風疹(三日ばしか)

発疹が消え医師の登園許可がでるまで

水痘(水ぼうそう)

発疹がかさぶたになり医師の登園許可がでるまで

咽頭結膜熱(プール熱)

主要症状が消え医師の登園許可がでるまで

結核

医師の登園許可がでるまで

溶連菌感染症(猩紅熱)

医師の登園許可がでるまで

手足口病

医師の登園許可がでるまで

ヘルパンギーナ

医師の登園許可がでるまで

とびひ

医師の登園許可がでるまで

伝染性紅斑(リンゴ病)

医師の登園許可がでるまで

※上記以外でも他の園児へ感染するおそれがあるものについては登園できない場合が あります。
登園するには治癒証明書が必要です。
 (証明書は保護者責任のもと医師の診断を保護者の方が記入したもので構いません)

▲ページTOPへ

申込み用紙ダウンロード

与薬申請書・治療証明書がダウンロードできます(PDFファイル:与薬・20KB/治療・16KB)。プリントアウトして必要事項をご入力の上、お持ち下さい。
※ダウンロードしたファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

与薬依頼申込書与薬依頼申込書
ダウンロード(45KB)
治癒証明書治療証明書
ダウンロード(16KB)

様式集ダウンロードページへ

▲ページTOPへ