保育についてのご案内をさせていただきます。

保育の基本方針

家庭教育を補完する
  • 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
    <子どもの健やかな育成>

  • 養育と教育が一体となって、豊な人間性を持った子どもを育成する。
    <養護と教育の一体化>

  • 保護者の就労を支援し、家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
    <保護者への支援と協力関係>

地域の子育て家庭を支える
  • 地域における子育て支援のために乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言するなどの社会的役割を果たす。
    <地域の子育て支援>

職員の質の向上
  • 専門職としての必要な知識や技術を身につけ、利用者に質の高い保育サービスを提供する。

▲ページTOPへ

保育目標

元気な子

がんばる子

心身ともに
健康な子になるために

最後まであきらめない
心の強い子になるために

人にやさしく思いやりのある子になるために

教育現場でさまざまな社会問題が起こっている昨今、子どもの頃からの「心の教育」が唱えられています。 精神的にも身体的にも健康で、守らなければならないルール等の社会性を身につけ、お友達同士の関係や大人との関係など「人間関係」を柔軟に対処できる力を養い、相手の気持ちを考え思いやりのあるやさしい心をもった子どもこそがこれからの時代に必要であると考えます。  すなわちお子さまが将来このようなバランスのとれた人格になるためには、幼年期から日常の生活習慣・心身の健康・人間関係・子どもの環境・ことば・表現などに配慮していくことが大切です。

よく考え行動できる子とは自分のことが自分でできるように自立しており、自分で判断して行動ができる状態をいいます。他人の指示で左右されるものではありません。 高木保育園ではさまざまな保育園ルールを決めています。集団生活の中でその決まりを守ることが社会の一員としての第一歩です。その中で自分で考え判断できる力を養います。また自分でしたいことを選択できる環境をつくり、毎日をリズムよく過ごします。
とりわけ、よく考え行動できる子はことばの語彙が豊かです。なぜなら、ことばは思考するための道具であり、人とのコミュニケーションの道具として活躍するからです。 ことばを習得するには、単語自体を覚える以上に、絵本や物語の中で自然に習得したり日常の会話から身につくと考えられます。

 小さい頃にお父さんやお母さんに絵本の読み聞かせをしてもらうとき、子どもは動かない絵を見て、自分の頭の中で想像力をめいっぱい働かせ、ストーリーを理解していきます。また絵本からことばを覚えていきながら、子どもは絵本の中に繰り広げられるいろいろな世界を体験します。さらに絵本を読んでもらいながら、子どもはお話を真剣に聞こうとする姿勢も身につけていきます。たくさんの感動を積み重ねていくと、その考える力が養われます。この時もっとも効果的な読み聞かせは、親子のあたたかい雰囲気で読む絵本の時間なのです。
この考える力が身につくと、やがてことばからそのものをイメージできるようになり、豊かな想像力を持てるようになります。また小さい頃からお子さんに絵本の読み聞かせのようなやさしい語りかけをすることによって愛着が生まれ人を信頼する心が育まれます。絵本や語りかけを通じて愛着が生まれると、やがて本好きな子へ、活字好きの子へと育っていきます。

ここで大切なことは「強いて教えるな」ということです。強制して何かを教えても、それは決して身につかないからです。お子さまの可能性を伸ばしていくためには、子どもの好奇心を引き出して育てていくことだと考えます。
子どもは成長過程で「これは何だろう?」「どうして?」「どうすればいいのかな?」などの疑問をもつ時期があります。その疑問を大切にして、その方法や解決策を自ら考えることが大切です。大人がすぐに答えを与えてはいけません。どうしてもわからないことなどは、いい加減な答えをせず、お子さまが理解できるように丁寧に説明をしてあげましょう。
もし大人もわからないことを聞かれたときは、正直にわからないと答え、逆に子どもと一緒に本で調べるなどして答えをみつけるようにしましょう。




本の知識だけでなく、子どもは本物に出会う経験や実際にいろいろ体験することが必要です。ご家庭の中での日常の体験は、例えばお手伝いをすることで経験できます。散歩で出会う草花やドライブで行った海や山などの自然体験も、子どもたちの五感にすべて吸収されます。社会のことが理解できる年齢になると、できるだけ訪問や買い物、例えば音楽会や観劇、博物館、美術館、動物園、病院など一緒に行ったりして、できるだけ見聞を広めるようにして、目に見えるもの、耳に聞こえるもの、心で感じることなど、本の中やお話の中では得られないものを実体験で感じてほしいと考えます。

 保育園の行事では、例えばたけのこ掘りやじゃがいも掘り、さつまいも掘り、やきいも大会、おもちつき会、園外保育などをはじめ、「感性」を育てるためには空想ではなく実体験してほしいと思います。
今後ますます情報化社会で利便性が追求される中、昔からの伝統文化やその生い立ちをよく理解することはとても重要ではないでしょうか。「何でもスーパーに売っているが、どこでどのように作られたのか知らない」「壊れたら買いなおせばいい、使い捨てが当たり前、自分がよければそれでいい」などの社会風潮に飲み込まれないように、生命の大切さや人と人とのふれあいがある、心の温かい子に育ってほしいと思います。
 特に高木保育園では、ゴミの分別や資源の廃品の再利用、お散歩帰りの清掃活動など「小さなECO活動」を子どもたちと一緒に取り組んでいきたいと思います。

▲ページTOPへ

あったか家族がいいね!

やっぱり家族が一番!あったかい家庭こそがお子様にとって最高の環境です。

早寝+早起き+朝ご飯+あったかタイム

日常生活が自立できるよう家庭環境を子ども仕様に整えましょう

早寝早起の習慣をつけるために子どもの生活リズムに合わせましょう

親子で気持ちの良い挨拶をしましょう(人間関係)

食前食後や食事中のマナーを教えてあげましょう(食育)

家族揃って団らん(あったかタイム)をしましょう(絵本も○)

家族ルールを作って日常のお手伝いをさせてあげましょう(社会性)

自分でできることは見守りながらどんどんさせてあげましょう(自立)

ひとつ叱って、ふたつ褒め、みっつ教えて良き人にしましょう(立派な大人へ)

▲ページTOPへ

住民や他機関との連携

保育実習・保育体験学習の受入れ
中学生の保健体育学習や短大生の保育実習を毎年積極的に受け入れ、未来の保育者を育てるとともに、将来的な子育てのきっかけづくりをしています。
見学者の受け入れ
保育園入園希望者や一時保育の見学などを希望する方を積極的に受け入れています。見学希望者に時間の指定がなければ、なるべく午前中の保育活動や給食の様子を見ていただいています。
ボランティアの受け入れ
保育に対して関心を持ち、自分の時間や技術を生かしたい、或いは小さな子どもたちとふれあってみたい、何か人の役にたちたいと考えている方を積極的に受け入れます。そのような地域における福祉のマンパワーを最大限生かし、その力によって私たちもさらに保育を豊かにすることができます。ボランティア活動を通して、地域で生きている実感と心の豊かさを、たくさんの人たちと共感したいと思っています。

▲ページTOPへ